失敗しない マンションリフォーム

MENU

マンションリフォームに失敗しないために

失敗しないマンションリフォームのコツ

この項では、失敗しないマンションリフォームのコツをお話したいとおもいます。

 

一戸建てのリフォームとマンションリフォームでは、気に掛ける観点に弱冠の相違があります。

 

特にマンションの場合、「収納スペースや子ども部屋を確保するために間取りを変更したら、そこには窓がなく、通風しない暗い部屋になってしまった」という事例にならないように、採光と通風には十分に気を配る必要があります。

 

マンションリフォームには「部屋の増築ができない」「窓の位置が固定されていて移動ができない」という大きな特徴をまず把握しておく必要があります。それを踏まえた上で間取り変更を考えるべきです。

 

外窓の位置を勘案して、室内窓を取り付けて通風や採光を確保したり、天井までの総体的な居住空間を立体的にフル活用して効率的な収納スペースを確保するなど、想像力をフルに発揮させプラニングしていきましょう。

 

マンションによっては、「ガス給湯器の大きさ」や「電気容量」が管理規約にて上限値が設定されていることがあります。

 

例えば、電気容量の最大が30A(アンペア) という制限があるのにも関らず、それ以上の電気容量を使用するオール電化リフォームをおこなってしまった、というトラブルもあります。事前に必ず確認が必要です。

 

先程もいいましたが、しっかりと管理規約を理解しそれに基づいた工事を行えば手落ちはないと思います。

 

その他にも「近隣への騒音、臭気、粉塵対策」「荷物の搬出入に伴うエレベーターの養生対策」「工事車両等の駐車場問題対策」など迅速、適切に応対してくれる業者選びにも細心の注意が求められます。

 

 

<< 浴室リフォーム | マンションリフォーム見積 | リフォームトラブル >>

お得!キャンペーン中のサービス!

リショップナビは、完全無料でリフォーム業者を比較検討できるサービスです。
一括で複数のリフォーム業者を比較できます。
相見積もりなので、水面下で値引き競争があります。
つまり、普通に探すよりもお得にリフォームできる可能性が高くなります!
ぜひ利用してみましょう。

↓一番お得なリフォーム会社はどこだ?



リフォーム会社に連絡する前に、中立的な立場の人に電話相談したいならコチラ!