結露 防止 リフォーム

MENU

結露を防止するマンションリフォーム

結露を防止するマンションリフォーム

マンションに住む多くの方は、『結露』に困っています。

 

あなたのご自宅ではどうでしょうか?

 

マンションはいたって気密性が高く、また新しいマンションほどコンクリートから水分が抜け出ているため、木造家屋よりも結露しやすい環境にあります。

 

結露はどうしてできるの?

結露を防止するマンションリフォーム

結露はどのようにしてできるのかというと、例えばコップに冷たい氷水を入れた時、コップの外側に水滴が付きますね。

 

結露の発生原理もこれと全く同じことで、寒い冬に冷たい窓ガラスや壁などに、家の中の暖かい空気が触れて冷やされると結露となって付着するのです。

 

冬になると、窓ガラスや壁が一面に濡れてしまうほど結露し、床にまで伝い流れしてしまうこともあります。

 

また壁表面上にはカビらしき痕跡もなかったのに、実際壁紙をはがしてみたら黒カビがびっしり覆っていた、ということも多々あります。

 

結露はカビやダニの繁殖の原因や建物自体の劣化の進行を早める原因となり、カビやダニによって健康に悪影響を及ぼすこともあります。考えたら恐ろしいことですね。そこで、結露対策のリフォームの登場です。

見えない結露と害

結露を防止するマンションリフォーム

あなたは見えない結露というのをご存知でしょうか?

 

見えている結露だけが結露ではありません。見える結露のことを表面結露といいます。よく窓に水滴がついて流れているものがそうです。ほかにも、壁やタンスの裏、天井、床や押入れなどにもいつのまにか結露があることがあります。

 

そして見えない結露というのが、実は、壁の中などに発生する結露のこと。室内の湿った空気が内装材の継目やコンセントの隙間などから壁の内側へ入っていって結露になるのです。

 

壁の中で結露ができてしまうと家の痛みに関係してくるだけではなくカビやダニの問題もでてきます。防いでおけるといいのですが、なかなか難しい問題です。

 

結露ができるとそこをからカビが発生して、そしてカビを餌に今度はダニの問題が発生。放置しておくとダニのふんや死骸にカビが発生してしまう、という繰り返しができてしまいます。

 

そうなると、アレルギー体質の方は深刻な問題がでてくるかもしれません。
さて、このような結露の害を防ぐには、外と中や隣の部屋との温度差ができないようにする必要がありますが、難しいことです。

 

そこで、結露が出来たら室内で使えるワイパーなどでこまめに結露をとったり、窓につけられる吸水テープなどを利用しておくといいです。

 

押入れや家具の裏などは少しでも空気の流れができるように壁や床から数センチ離しておいておくという工夫をしておくのもいいです。

 

そして何よりも、こまめな換気をすることが大切です。

結露の防止方法

冬になると窓ガラスに水滴が沢山ついていませんか?

 

これが室外と室内の温度差によってできる結露です。

 

結露はカビやダニの原因となるだけでなく、黒かびだらけのカーテンや壁となってしまうため、見た目にも最悪。

 

特に木造住宅では木自体が腐ってしまうというリスクも。

 

結露が気になるようなら、結露防止方法を早急に心得ておくようにしていくことが大事です。

 

インターネット上では「結露の防止方法」というテーマで冬の大敵を克服しようという記事が掲載されています。

 

良く知られている無料でできる結露対策が、窓を開けて良く換気をすること。これは、すぐにでもできる結露対策ですよね。

 

また、ホームセンターなどで販売されている結露吸収テープやシート、結露抑制スプレーなどなら、比較的安い金額で工夫しながら行うことも可能です。

 

 

しかし、結露防止グッズなどは安いだけあって、本格的な結露を防止することはできないというのが現状です。

 

もし、気休め程度ではなく本格的に結露を防止したいのなら、結露防止リフォームをするのがオススメ。

 

どのような結露防止リフォームがあるのかについては、予算に応じていろいろな対策がありますので、リフォーム業者に訪ねてみると良いでしょう。

 

ただ、自分の個人情報を知られてしまうのが嫌とか、今はリフォームする気がないけど将来のために聞いておきたいという場合などで匿名で業者に相談したい場合もあると思います。

 

そんな時は、コチラのページでご紹介している「ホームプロ」という無料のリフォーム業者紹介サービスを利用すると良いでしょう。

結露防止リフォーム

結露を防止するマンションリフォーム

結露の原因はわかっていますから、結露対策の基本としては、まずは、『窓ガラスや壁を冷やさない』こと、つまり『断熱リフォーム』を行えばよいのです。

 

具体的には、窓ガラスの結露対策では、内窓を取り付けると効果があります。内窓と既存の外窓との間に空気の層をはさみこみ断熱効果を発揮させて結露を防ぐのです。

 

壁面の結露対策は、断熱材が効果的となります。要は壁面の温度を下げないようにすればよいのですから、断熱効果のある発泡ウレタンを吹き付けたり、ボード状(板状)になった断熱材を取り付けたりすることによって壁面の結露を防ぎます。

 

もう一つ共通の結露対策として、家中に風が行き渡るように小型のサーキュレーターを使って、室内や室間の空気を循環させることも対策の一つとなります。つまり、換気を徹底して行うこと、風通しをよくすることです。

 

 

<< トイレリフォーム | マンションリフォーム見積もり | 浴室リフォーム >>

 

お得!キャンペーン中のサービス!

リショップナビは、完全無料でリフォーム業者を比較検討できるサービスです。
一括で複数のリフォーム業者を比較できます。
相見積もりなので、水面下で値引き競争があります。
つまり、普通に探すよりもお得にリフォームできる可能性が高くなります!
ぜひ利用してみましょう。

↓一番お得なリフォーム会社はどこだ?



リフォーム会社に連絡する前に、中立的な立場の人に電話相談したいならコチラ!