リフォーム 範囲

MENU

どの範囲まで分譲マンションはリフォームができるのか?

リフォームが可能な範囲 | マンションリフォーム

マンションをリフォームする場合、一戸建てと違って制約・制限があります。

 

それは、マンションが『区分所有法』という法律に基づいて作成された『管理規約』と『使用細則』を遵守する必要があるからなのです。

 

リフォームといえどもこの規約内に規定された条項に基づいて行わなければならず、規約に違反してリフォームが行われた場合、工事は中止となり再度現状回復が求められることもあります。

 

では、マンションのリフォームできる範囲とはどこまでなのでしょうか。

 

くり返しますが、規約に違反してリフォームが行われた場合、工事は中止となり再度現状復帰が求められることもあります。しっかりと把握しておきましょう。

 

あなたの専有スペースとは、実際に生活を行っている居住空間です。具体的には、玄関の内側からベランダに出るサッシの内側までを指します。

 

つまり、居住空間内のコンクリート壁、天井、床および柱の内側ということになり、「天井裏」、「床下」および「間仕切り壁」は専有スペースとなってリフォームが可能となります。

 

だから、間仕切りの壁を移動させて間取りを変更することは可能です。

 

一方、共有スペースは、専用スペースとは逆のコンクリート壁、天井、床および柱の構造部分となります。また、それに加えて、他の住人と共同で使用する廊下、エレベーター、非常階段、そしてパイプスペースなどはリフォームすることはできません。

 

さらに気を付けていただきたいのは、ベランダスペースやベランダ側のサッシは、個人で思い思いにリフォームしてしまうと外観上の景観問題が起こることになるので、リフォームすることはできません。必ずリフォーム前には規約の確認が必要です。

 

 

<< 建て替え | マンションリフォーム見積もり | トイレのリフォーム >>

お得!キャンペーン中のサービス!

リショップナビは、完全無料でリフォーム業者を比較検討できるサービスです。
一括で複数のリフォーム業者を比較できます。
相見積もりなので、水面下で値引き競争があります。
つまり、普通に探すよりもお得にリフォームできる可能性が高くなります!
ぜひ利用してみましょう。

↓一番お得なリフォーム会社はどこだ?



リフォーム会社に連絡する前に、中立的な立場の人に電話相談したいならコチラ!