リフォーム タイミング

MENU

リフォームはいつするのが良いのか

リフォームのタイミングはいつ?

今あなたは、どのような形式の住宅にお住みでしょうか。

 

一戸建てでしょうか、それともマンションにお住みなのでしょうか。

 

あなたが一戸建てを新築する時には、何度も何度も業者と交えながら家族構成や将来のライフスタイルをシュミレーションしつつ間取りを考え、設計図と睨めっこし、わくわくドキドキしながら完成まで期待を膨らまして家族間でも意見交換しましたよね。

 

またマンションの場合には特にマンションの立地条件やまわりの居住環境、買い物などの商業施設、学校や役所などの公共施設にも気を配りながら現地に何度も足を運んで購入価格と睨めっこしながら決めたことでしょう。

 

しかし年月が経つにつれ家の状況は変化します。

 

新築時あるいは購入時には十分に満足していた自分のお城が、次第に経年劣化につれ外壁、部屋や水周りに補修が必要になったり、また家族構成が変わったりとか子どもが成長していくにつれて部屋の間取りをどうしても変更しなければならなくなったりして、今までよりも満足度合いが薄れてくる場合がありますね。

 

このような時期が「リフォームどき」ということになるのです。

 

まとめるとリフォームには二つの目的があります。

 

先程もいったように、経年劣化を少しでも遅らせるいわゆる『家を護るためのリフォーム』と、住む人の好みがかわったり、家族のライフスタイルがかわったりした場合に行う『自己都合のリフォーム』、このどちらかかまた同時に行なわれるのが一般的リフォームを行う、ということになるのです。

 

 

リフォームを行うタイミングについて

リフォームのタイミングはいつ?

一体どのタイミングでリフォームを行えば良いのかをお話しましょう。

 

リフォームには二つの目的があります。いわゆる家を長持ちさせる『家を護るためのリフォーム』と、住む人の好みやライフスタイルが変化した時に行う『自己都合のリフォーム』です。

 

ここで、勘のいいあなたならいつリフォームを行えばよいかピンときたはずです。そうですね。家を護るためのリフォームと自己都合のリフォームでは行う時期は違ってきます。詳しく見ていくことにしましょう。

 

まず、『家を護るためのリフォーム』では、新築物件によって弱冠違ってくるかもしれませんが、大抵の新築では「30年保証」や「50年保証」などの長期保証がセットされていると思います。

 

その場合、業者による最初の点検が10年目になっているところが多いです。逆にいうと、10年以内に『基礎部分にヒビ』が入ったり、また『雨漏り』がしたりすると、手抜き工事か杜撰な工事の疑いがあるので無償で修復できるように交渉できるのです。

 

だから10年目の定期点検時がリフォーム時期の一つの目安になりますね。

 

それと『自己都合のリフォーム』については、決まった何年後というのではなくて、そういう事例が発生する時期に合わせて行うということになるでしょう。

 

例えば、子どもたちが小さい時期には、一つの大きい部屋にしていたのを成長するに従って、真ん中を間仕切りし、個室にするといったことですね。

 

また最近増えてきている『オール電化』への変更時や『太陽光発電』を設置する時などもリフォームするベストタイミングではないでしょうか。

 

匿名でもOK!

地元の優良リフォーム業者を探せる無料サービス

「ホームプロ」ってご存知ですか?

 

 

<< 新築かリフォームか | マンションリフォーム見積 | 便利なサービス >>

お得!キャンペーン中のサービス!

リショップナビは、完全無料でリフォーム業者を比較検討できるサービスです。
一括で複数のリフォーム業者を比較できます。
相見積もりなので、水面下で値引き競争があります。
つまり、普通に探すよりもお得にリフォームできる可能性が高くなります!
ぜひ利用してみましょう。

↓一番お得なリフォーム会社はどこだ?



リフォーム会社に連絡する前に、中立的な立場の人に電話相談したいならコチラ!